JUMPのライブDVD届いた‼

2021年7月31日はHey! Say! JUMPの「Hey! Say! JUMP Fab! -Live speaks.-」の発売日!

つまりライブDVDです

ただ今回は 完全受注生産だったので 注文した人は今日届くというわけ

これが今日YouTubeに公開されたそのダイジェスト

ダイジェストと言ってもほんとにほんとにほんの一部だから

でもJUMPの世界観伝わってくるんだ~

youtu.be

なんて偉そうなこと言ってるけど

私 もちろん忘れてません

ちょうどこの頃私JUMPとIMPACTorsで揺れていた

毎日IMPACTorsにワクワクドキドキしていた日々だったから

実力も将来性も今の時点では間違いなくJUMPの方が上だとわかっていても

「ゴメンナサイ 私はIMPACTorsに心持っていかれたの」

ってな気分だった

まるでビンボーフリーターのカレと安定した収入と将来性のあるカレのどっちを選ぶかみたいな

今のすっかり大人の私なら安定した収入のあるカレを選ぶのが賢明なことはわかっている

でもさあ 変な女心ってやつなのかなあ

夢を追っているだけのビンボーフリーターのカレを「私が応援するから」「一緒に夢叶えようね」なんてことを思ってしまうのよ

ない? ねえそんなことない?

もちろん現実にそんなことはないけど 結局私の中のIMPACTorsとJUMPはそんな感じだったのかなって

今なら客観的に冷静にそうわかるよ

だから このときの配信は見なかったけど IMPACTors絶賛応援中だけど JUMPのこともちゃんとキープしているっていう

えっ 結局私一番ズルい女になってる?

まあいいじゃないですか 現実なら大変だけど あくまでもジャニーズのことだから

もちろんすぐに封を切ってDVD見たいところだけど さっきまで夫がオリンピックのサッカー見ていたし もうすっかり22時過ぎてるし 明日も仕事だし

だからねYouTubeのダイジェストだけ見てます 何度も何度も見てます

本編は明日にお預け

えっでも明日もオリンピックあるね うーーーん

まあいいや明日考える

 

YouTubeのダイジェスト見ながら私思い出していた

私がJUMPにおちた最初は 〇〇くんでもなく歌でもドラマでもなく ライブだったこと

そうだ ライブの世界観と 彼らのライブそのものにすっかり心奪われたんだったよ

私をね 現実を忘れて夢の世界に連れて行ってくれたんだ

いっときのイヤなことを忘れさせてくれた

そんなJUMPの作り出す世界観が大好きなこと

前回の『PARADE』ツアーのとき 『パレードは終わらない』って曲があってね

私は自分でこう解釈してたんだ

「ライブのとき現実を忘れさせてあげるよ でもこれで終わりじゃない

CDアルバムでライブDVDでいつでもキミのそばにいるから

ツライとき悲しいとき もちろん嬉しいときでもいつもそばにいるからね

これで終わりじゃないから」

っていう思い込み解釈をね

でもJUMPにはほんとにいつもそんな感じを受けているんだ

だからどんなにIMPACTorsへ思いが傾いても JUMPをやめることなんてできなかった

そしてやっぱり彼らのライブの世界観に触れて

「やっぱり好きだよ」と「ありがとう」の気持ちでいっぱい

JUMPを好きになってよかった

好きでい続けてよかったよ